人が自然に還る、自然葬とは

###Site Name###

日本では昔から遺骨を骨壷に収め、埋葬して墓石を建てることで故人を供養してきました。

ですが、墓ではなく海や山に遺骨を還して、自然の循環の中に人が回帰していくという葬送の方法が注目されています。


これを自然葬といい、葬儀される人の「自然に還りたい」という思いを叶えるためもしくは、環境を守るため墓地に人工物を置かずに里山の環境を保全するという考えから生まれたものです。



自然葬は散骨と意味合い的にはかぶるところもありますが、広い意味でとらえると風葬や鳥葬、火葬、土葬、樹木葬などがこれに含まれます。

産経ニュース関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

海や里山など好きだった場所を選び散骨をすることもあります。


近年では少子化、核家族化が進み墓地を管理していくことが難しくなってきたということもこの自然葬が好まれ始めたことの背景にあります。

墓を建てればその管理に時間とお金がかかり、自分の子どもや孫の負担になってしまうと考える人が増えているのです。

墓はなくてもいいが、時に自分を思いだしてほしい、また遺された家族が手を合わせたいと望む場合には、散骨をしてしまっているとその対象が存在しなくなります。

自然葬の情報がいっぱい詰まったサイトです。

そこで、骨壷に収めた遺骨を埋め墓ではなく樹木を植える、または樹木の側に埋葬する樹木葬の人気が高くなっています。

お金ばかりがかかり気持ちのこもっていない日本独特の葬儀の形や供養の形が変化し、故人が真に望みまた家族が納得のできる葬儀を追求すると、古来に行われていた自然に還る方法が求められているというのは興味深い事柄です。